オートロックや防犯カメラなどのセキュリティはしっかりしているか

オートロック式のセキュリティについて

共用玄関がオートロック式のマンションだと、防犯がしっかりした印象を持つ方は多いでしょう。住人が鍵を使うか、部屋にいる場合に解除ボタンを押さないと扉が開かないので、不審者は気軽に入ることはできません。しかし、気を付けないといけないこともあります。不審者は悪知恵が働きます。宅配業者を装って、住人に鍵を開けさせるといった手口をニュースで見たことがあるのではないでしょうか。不審者はあの手この手で住人に扉を開けさせようとします。他にも、玄関先で住人が扉を開けるのを待つという手口もあります。そして、すべての住人がきちんと扉を閉めていれば良いのですが、中には、開け放したままにする人もいます。

オートロックは防犯として役に立ちますが、完璧ではありません。いろいろなパターンを考え、オートロックに頼るだけではなく、しっかりとした防犯意識を持つのが良いでしょう。

防犯カメラのセキュリティについて

共用玄関やエレベーターに防犯カメラがあると、安心できます。インターフォンで来客の顔が確認できるので、自分にとって本当に必要な来訪なのかどうかを考えてから、返事をすることができるので、防犯に優れています。エレベーター内にカメラがあれば、誰かが見守ってくれているという安心が得られるし、犯人側からすれば、常に誰かに見られているという意識で、エレベーター内で犯罪をしようという気持ちも薄らぐことでしょう。

しかし、防犯カメラもオートロックと同じように過信してはいけません。動かないカメラであれば、必ず死角が生まれます。犯罪をしようという人間は、しっかりと下見をするので、死角も確認しているはずです。危険を感じる場合は、カメラに映る位置に立つことを意識しましょう。